ある程度年齢を重ねたワンちゃんたちによく発生するトラブルとして
歯がグラグラになってしまう、、、、というものがあります。

トリミングのワンちゃんたちの中にも
あれあれ???というコたちが少なくありません。

自然に抜けてしまうこともあるでしょうし、
そう簡単に抜けない歯の場合は
相当な痛みも伴い、動物病院で麻酔した上で抜歯なんてことも
よくあることのようです。
「犬は歯がなくても食べられるから大丈夫」
ってことになっているようなんですよね。

ただヒトにも犬にも、もともと身体に備わっているもので
不要なものなど一つもありません。
それがなぜ抜けてしまったり、抜かざるを得なくなるかというと
歯周病で歯茎が炎症を起こし、根本がグラグラになってしまうからなんですよね。ヒトと同じです。

そうなってしまったら、抜けたり抜いたりと
その歯を諦めることになるのは致し方ないことになってしまいますが、
お伝えしたいのはそこから先のことです。

「歯」自体は枝葉の部分に過ぎません。
歯自体が問題を起こしているわけではありませんから、
歯を抜いたことによって、お口の中の状態がよくなるわけでもありません。

歯石も同様です。
意をけっして全身麻酔で(無麻酔だとしても)歯石除去を行って、
あーよかった!!これで当分大丈夫!
という気分でいるママさん、パパさんいらっしゃると思いますが、
果たしてそうでしょうか。
歯と同様に、歯石ももちろん枝葉です。
歯石は歯垢が固まって石と化したもの、、、
つまり歯石は結果であって、歯石自体が悪さをしているわけではないのです。

もちろん、グラグラの歯、痛みを伴うような状態の悪い歯を除去して
すっきりした気分になることが悪いわけではありません。
時にそれも必要なことかもしれません。

ただ、それをしてもしなくても
何より大切なこと、必要なことは
お口の状態を本来の健康的な状態にするためのケアであるということを
知っておいて頂きたいのです。

やれば結果が出ます。
放置すれば、問題は繰り返されます。
さてその結果すべての歯を失ったとしたら、いよいよ終わり?
いえいえ、そうではないのです。

歯を失うような状態になったお口に中には
恐ろしいほどの菌がいることはまちがいないのです。
その菌はお口だけに留まらず
体内にジャンジャン侵入し、別の問題を引き起こしてしまうのです。

抜歯してもいい
歯石取りをしてもいい

でもそのような枝葉だけではなく
根本にも取り組まなければ終わりはないのです。

逆に言えば
取り組めば確実に改善します。

是非、真のすっきり感を味わってくださいね。

ワンコの口内ケアのご相談はこちら