出張トリミングをご依頼頂くお客様の中には
普段からシャンプーはおウチでママさんがされている
という方が少なからずいらっしゃいます。

ワンちゃんに必要な日々のお手入れの中で
飼い主様ご自身でできることとなかなか難しいこと
人によって違いはありますが、
シャンプーは比較的簡単とお感じの方が多いようです。

そんなこともあり
シャンプーは自分でできるから
カットだけお願いします。
というご依頼もたまにあるのです。

もちろんできるだけ柔軟に対応させて
頂くようにはしていますが
今回はそんな中で気づいたこと・感じたことを少々。。。

ちょっと残念なことですが、
1. しっかり洗えていない、、、つまり皮脂や汚れが落ちていない
2. 乾かし方が大雑把

ということがとても多いのです。
ワンちゃんたちは、被毛に覆われており
その下に皮膚があり、、、
私たち人間の構造と少し違いますし、
毎日お風呂に入っているわけでもありません。
しっかり汚れを落とすためには
ある程度の熟練が必要になります。

そして不要な皮脂や汚れがきちんと落ちていないと
きれいに乾かすことはできません。

さらにシャンプーは簡単とお感じになっている方は多くても
乾かしは苦手、ドライヤーを嫌がるから、ブラッシングを嫌がるから
ドライヤーを当てながらブラシを使えないから、、、
究極は、自然乾燥に任せてしまうということも、、、

これは厳禁ですよ。
プードルなど毛が抜けず伸び続けるタイプ
=シングルコートのワンちゃんの場合、
きちんとブラシを入れて乾かしておかないと
もつれや毛玉の原因を作ります。

そして、それ以外のダブルコートのワンちゃんたちは、
見た目的にはどんなやり方でも乾けば見かけは元通り。
でも、このタイプのワンちゃんたちは、自然乾燥にまかせておいては
なかなか乾くものではありません。
湿ったまま長時間たつとニオイや新たな汚れの原因を作ってしまいます。

和音では決してママさんによるシャンプーに反対
というわけではありませんよ。

ワンコは自分でグルーミングする動物ではありませんし
日々の生活の中でけっこう汚れます。
あちこち歩けば当然手脚が、、、
そしてお顔周りやお耳周りなどは
生きてるだけでどんどん汚れます。

ワンコを洗いすぎてはいけないと思っている方は意外と多いようですが、
よほど体調不良で急変が心配されるような健康状態のコでない限り、
シャンプーは頻繁にしてあげて大丈夫です。
清潔に保つことができる頻度で必要なだけした方がいいです。

そのためにママさん、パパさんによるシャンプーはとても助けになります。

ただ、定期的にプロのシャンプーも入れて頂きたいのです。
汚れがたまりすぎていなければ
素人さんでもわりと上手にシャンプーできるものです。

状態がひどくなってしまっているケースを見ますと
素人さんによる不十分なシャンプーを長年続けて
落としきれなかった汚れが蓄積されてしまっているんです。

蓄積された汚れをきれいにするのは
プロでもけっこうたいへんです。

限界まで達してからのお手入れは
ワンちゃんにとっては慣れない上に
時間がかかり、苦痛度が増すばかりです。

シャンプーやカット、爪切り、その他なんでも
お手入れは頻繁にしてあげることが
ワンちゃんのためにも一番よいことなのです。